「オカルト板のシトたちが認めるホラーゲーム Part3」
627 名前: 本当にあった怖い名無し 05/02/08 22:06:51 ID:oZMIp5QI0
>>620の「果てしなく青い空・・・」はPCの他にPSでも出てるよ。
18禁が嫌いな人はこちらで。

巫女、儀式、祟りなどがテーマかな。
こう書いちゃうと零〜紅い蝶〜っぽくなるけどw
まぁ面白いのは間違いないです。

「オカルト板のシトたちが認めるホラーゲーム Part5」
372 :本当にあった怖い名無し :2005/11/21(月) 05:17:53 ID:dskN6pF10
PC版のほうがいいんじゃないのか。(果てしなく青い、この空の下で・・・。)
廉価版が出てるし。ま、買ったあとに言っても遅いか。

そんなに怖くはない。オカルト的には神仏の怖さ、と言うんだろうが、
そういった超常的な描写はそれほど多くない。ほぼ後半かな。
それよりも、全編に渡って登場する堂島代議士&ヤクザが怖いし、
連中にはすごくイライラさせられる。
PC版は18禁だから、連中から受ける性的なイジメにも面白さがあったのだが、
PS版ではもちろんカットされているわけで。ライトになってるんだろうな。(俺は未プレイ)

このゲームはギャルゲ(エロゲ)に含まれるんだが、
とにかく他の作品とは違う魅力があった。
萌え系とは一線を画す落ち着いたイラストもそうだし、
メロディアスというより、その場面に適した環境音楽のような音楽も映画的。
(エンディングテーマである「追想」はかなりの名曲)

舞台のシチュエーションも、自然豊かな村、生徒が少なく閉鎖になろうとしている学校、
それを狙った地上げ屋、ヤクザ、そして山の神、邪神、狛猫……。
と、趣のある配置。四季折々の展開が用意された一年の物語も飽きない。
各シナリオにある二種類程度の結末は、かたや幸福、かたや絶望的でそのギャップも面白い。

とにかくプレイしたら必ず印象に残り続けるゲームだ。
ジブリアニメの「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」
の世界観が好きな人ならさらに楽しめるかもしれない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。